このブログは同名の書籍「研修医はじめの一歩」(リブロ・サイエンス発行)から、日記部分だけを抜粋してお届けしています。

この物語はフィクションです。


==============


主人公 山際悟史(24歳)
01_10
 
国立栃木大学医学部6年生。
東京生まれ。3歳時に父・薫が他界。
その後、母・恵子の実家(栃木県下都賀郡壬生町)にて祖父母に育てられる。
高校は県立栃木中央高校でサッカー部主将。
現役で、国立栃木大学医学部入学。
大学からは本人の希望で宇都宮で一人暮らし。
学校での成績は中下位。決して優秀ではない。
大学でもサッカー部。体力はある。上下関係も慣れている。
春から東京の老舗研修病院、東京中央病院にて研修予定。
田舎者なので東京での生活に憧れと不安を抱いている。
決して成績優秀ではないが、体力とやる気は人一倍。
父と同じ消化器外科を志望し、父を越える医師を目指している。
恋人は小松奈津子。国立栃木大学医学部の同級生。



恋人 小松奈津子(24歳)
02_1
 
国立栃木大学医学部6年生。
出身は新潟県岩船郡粟島。
春から栃木大学医学部付属病院にて研修予定。
患者さんに優しい皮膚科医を目指している。
学生時代の成績は常に上位。
学生時代はテニス部に所属。キャプテンで東医体優勝2回のスポーツウーマン。
しっかり者だが、少しおっちょこちょいなところもある女の子。
春から研修医になり、悟史と離れることを不安に思っている。



父 山際 薫
03_12
 
国立栃木大学医学部卒業の消化器外科医。
栃木県宇都宮市清原出身。県立宇都宮清原高校出身。
東京中央病院にて研修後、都内の有名消化器センターに勤務。
卒後2年目(26歳)、悟史の母・川田恵子と結婚。
卒後3年目(27歳)、長男・悟史を授かる。その後、恵子と東京で3人暮らし。
卒後6年目(30歳)、外勤の当直明けにバイク事故にて他界。当時、悟史3歳。



母 山際恵子(51歳)
04_1
 
国立栃木大学医学部卒業の眼科医。
県立栃木中央女子高校出身。現在、下都賀郡壬生町にて眼科クリニック勤務。
栃木大学医学部の在学中、薫と出会い、交際。
卒後2年目に結婚。悟史の妊娠を契機に、専業主婦になり東京へ。
卒後6年目、夫(薫)を亡くし、再び栃木へ帰る。
その後、国立栃木大学医学部の眼科に入局。
現在は、壬生町に“けいこ眼科クリニック”を開業し、院長として勤務。



研修医 木月 大
 05_2
山際薫と研修同期。
将来は小児外科を目指す。薫の友であり良きライバル。
研修医でありながら、周囲から“大 先生”と言われ、からかわれる愛されるキャラクター。



研修医 大村孝明
06_1
 
山際薫と研修同期。消化器外科を目指す。成績優秀、品行方正。
すでにUnited States Medical Licensing Examination (USMLE)のStep1、2を取得。
将来はアメリカで活躍することを夢見ている。日本の研修システムにうんざり気味。 



医師 古木先生
 09_4
卒後20年目のおしゃれなスーパー外科医。
研修医に非常に厳しい。薫もはじめは恐れているが、徐々に頑張りを認められ最終的には一生の師匠に。



医師 池内先生
08_1チュウベン
 
卒後3年目の外科専修医。
大学で研修後、東京中央病院に今年勤務。
大学ではスーパー研修医と呼ばれていた。フットワークの軽い秀才。
大学時代はボート部に所属。礼儀正しい好青年。



医師 涌井先生
07_2
 
薫と同じ国立栃木大学医学部卒業。
東京中央病院の研修医出身で、卒後5年目の外科専修医。
薫が東京中央病院で研修するのを勧めた人物。
柔道部出身で、ケンタッキーフライドチキンが大好物。



看護師長 木田 病棟師長
 10_2
働きながら、二人の女の子を育て上げたお母さん師長。おおらかで、優しい。その性格から、薫をはじめ、研修医にはマリア様と呼ばれている。



看護師 石原主任
11_1
 
木田師長と打って変わって、すぐかりかりする看護師。
決して悪い人ではないが、本人のキャパを超える状況になると、大騒ぎをして嵐を起こす人。結構な年(?)のはずだが、独身。SMAP中居君の大ファンで、看護師として働いたお金で、コンサートのため全国を飛び回っている。



看護師 佐貫看護師
12_2
 
おそらく、結婚している。30代後半。私生活は謎が多い。というか、個人的な話を研修医なんかとしてはくれない。研修医は、邪魔な存在で、お手伝いさんだと思っているかなり癖のある看護師。
はじめは、薫のことも一研修医としてしかみていないが、徐々に認め始め彼女の心にある変化が……。



看護師 狩田看護師
13_1
 
4月に看護師になったばかりの1年目新人看護師。
薫と同期。悩みも多く、薫と大先生と仲良しに。
池内先生に恋心を抱いている若き乙女22歳。




==============

解説部分は書籍をご覧下さい。
サンプルページはこちらからどうぞ。

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
ippo

青本(ドキドキの生たまご編)(Amazon)