このブログは同名の書籍「研修医はじめの一歩」(リブロ・サイエンス発行)から、日記部分だけを抜粋してお届けしています。

この物語はフィクションです。


==============


医師を志す主人公・山際悟史のもとに届いた、亡き父(山際  薫)の研修医日記。

その日記を読みながら悟史の頭に浮かぶ、臨床研修上の数々の疑問。

 ・
 ・
 ・ 
 ・
 ・
 ・
 ・ 
 


426




 朝回診が終わり、近藤社長の調子が安定していることを確認すると池内先生は学会に行ってしまった。学会といっても横浜らしい。でもいいな、昼から横浜か。楽しそうだな。
 どうやったら学会に行けるんだろう。どっかにお金を払ったりすれば行けるのかな?(108)
 
 出かける間際に池内先生が「先生、最近あんまり休めてないでしょ。今は学会期間中だから、少し休むといいよ」と言ってくださった。

 「大丈夫です。頑張ります」と俺。

 「またいつ忙しくなるかわからないから、休めるときに休んでおくのもポイントだよ」と池内先生。

 なるほど、そういうことか。休んでおこうと思った。(109)

 病棟は至って平穏だった。時間ができたので、来週火曜日手術予定の虫垂癌のことでも調べようと思った。もしかしたら学会発表させてもらえるかもと古木先生が言っていたのを思い出したからだ。

 学会発表はよくわからないけど、早めにやっておいた方がいいと言う先生が多いし、やると勉強になるからと皆、一様に言っている。
 いずれにしても、こんなチャンスそうはないのだろうから、頑張ろうと思う。脇で木月先生が「い〜な〜。い〜な〜。学会発表。い〜な〜」とうるさい。(110)

 池内先生は、調べるなら図書館で医中誌かPubMedで調べるといいと言っていた。「何のことだろう?」と思ったが、とりあえず図書館に行ってみた。どうやら論文検索のツールのようだった。(111)

 「虫垂癌」を検索の窓に入れてみると大量に出てきたので、最近の論文と、総論のようなものを選んだ。

 病院の図書館は大きくてたくさん蔵書があり大学の図書館みたいだった。ほとんどの論文を見つけることができ、すべての論文をコピーしてきた。結構大量だ。あとはこれを読んで勉強するだけだ。

 さて、やるぞっと。





疑問
悟史の疑問108
学会に行くためには?
 学会とかよく聞くけど、どうやったら参加できるんだろう?


悟史の疑問109
休めるときに休むのも研修のコツです。
 休めるときに休んでおくのも研修医として重要なことなんだな。
 頑張りすぎてはいけないのかな?


悟史の疑問110
学会発表をゲットするには?
 学会発表はどのようにしたらできるんだろう?
 研修医は順番に当てられるのかな?
 待っていれば、そのうちできるのかな?


悟史の疑問111
PubMedとは何か?
 医中誌? PubMed? 何だ、それ?





医大生 ブログランキングへ 


==============

悟史の疑問については書籍で解説しています。
 ↓ ↓ ↓
病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)

 

==============

心電図アレルギーの人にオススメ
笑いながら身につくモニター心電図の基礎知識。
BIBITTO
ビビッと心電図−波に乗ったお笑い芸人−
(Amazon)